ラポマイン かぶれ

ラポマインを使用するとかぶれるのは嘘!?未然に防ぐ方法はある?

ワキガに優れた効果を発揮すると言われているラポマイン

 

直接肌に塗布するので、かぶれを気にする人も多いはず・・・

 

ラポマイン かぶれ

 

しかも、かぶれの症状に気づいた時には、大体お肌は痒みを伴って真っ赤になっています。

 

こうなると、わきがとかぶれの両方の症状に悩まされる事に・・・。

 

何とかならないのでしょうか?

 

今回は、ラポマインとかぶれの関係について調べてみたいと思います。

 

 

ラポマインを使用するとかぶれが起きるのか?

 

商品紹介にもあるようにラポマインは、肌のデリケートな部分に使用することも多くクリームなので、肌への刺激に関しては最小限になっています。

 

ラポマインの成分をみてもわかるように、水銀やニッケル、銀、着色料や香料、鉱物油、石油界面活性剤、タール系色素、紫外線吸収剤、合成ポリマーなどは入っていません。

 

ラポマイン かぶれ

 

また、アルミニウムの成分は、制汗剤などに使用されている事が多いのですが、ラポマインはアルミニウムの成分も不使用となっているのです。

 

実は、上記の成分が入っていると金属アレルギーの人がかぶれを起こしやすい事がわかっています。

 

又、これだけの成分を使用せずに商品が作られていても、体質的にはかぶれを起こしてしまう人もいるのは事実です。

 

ただ、他のわきが対策用品や制汗剤などで、かぶれが出来たのに対して、ラポマインは大丈夫だったと言う意見も多数寄せられています。

 

ラポマインは、かぶれを起こす成分を極力使用せずに作られた商品ですが、かぶれが起きる可能性も0%ではないのです。

 

 

ラポマインでかぶれを防ぐ方法

 

脇の臭い対策が出来て気分がスッキリして喜んだのも束の間、かぶれてしまってはどうしようもありません。

 

出来れば、臭いの対策と一緒にかぶれの対策も出来れば一石二鳥ですよね!!

 

制汗剤や何度もつける必要のある臭い対策の場合には、回数が多いほどかぶれをひきおこしてしまう人もいるのです。

 

デリケートな肌の部分ですから、何度も使用しているとそれなりに刺激を受けるのでしょうね。

 

ラポマインの場合は、天然由来成分で出来ている上に保湿成分も贅沢に入っているので、肌が乾燥して痒くなったりすることが極限に少ないのです。

 

肌が潤っていると、乾燥からの痒みもなくかぶれる可能性も少ないのです。

 

又、使用している間に脇の肌質も向上していくので、臭いとかぶれの両方の対策が出来るのです。

 

ラポマインは、一日に一度塗るだけで臭い対策が完了する上に潤の質もグレードアップさせてくれて潤いを保ち続けるので、かぶれを防ぐ事が可能と言えるでしょう。

 

ラポマインを使用する場合は、かぶれを確認するためにも、デリケートな肌の部分以外で試験的に試してから、使用する事をおすすめします。

 

 

 

>>>ラポマインの公式サイトはこちら